ソラクサン通信 ブログ版

life without air conditioner

f0114339_19523225.jpg
ちょっとした発見をした

7月も半ばを過ぎると、アパートにいる間はエアコンはつけっぱなし
能力は絞るものの、寝てるあいだだってそうだ

部屋にエアコンのある生活が15年以上続いているので、これは毎年のことだ。
こんなことをしていると、冷気に当てられて当然体はだるくなるが、それでも
エアコンを消すことは無かった。

でも、たまたまおとといの土曜日消してみたのだ。
暑くて汗だくになってもかまわない、窓を開けて
たまにはエアコンなしの時間をすごしてみよう
なぜだかそんな気分になった。

麦茶を用意して、香をたいて、ショーロやボサをかける。
そうしたらどうだろう。とても快活で積極的な気分になってきた。

だるくて一日中ごろごろしていた先週とは大違いだ。
今まで遣り残していたことも片付けてしまった。

ひょっとしたらこの15年間、僕は損をし続けていたのかもしれないな。

ショーロクラブ
[PR]
by tabby_whiskey | 2009-07-27 19:52 | 生活