ソラクサン通信 ブログ版

hardest weekend

結論から申しますと、今回ソラクサン通信更新できません。
現地にたどり着くことが出来なかったのです。

杖突峠を越えて、小屋まであと少しというところで
「あれっ?今日はいやに排気音が大きく感じるな。こんなにうるさかったっけ?」
などと思っているうちに後ろのタイヤのあたりでガラガラと大きな音が、
車を路肩に止めて床下をチェックすると・・・

マフラーの落下です。

さび付いていて根元からポッキリと
携帯でJAFを呼びますが、何しろ山の中、到着に40分かかりました。

「こちらで修理工場に入れるか、自走して帰ってもらうか、どっちかしかないですね
ちなみに排気管が途中で切れる形になっていますので、燃料タンクのあたりに熱がたまり危険です。
休み休み、気をつけて走ってくださいね。途中で何かあってもうちでは責任を持ちません」

ひえー

とにかく、知人宅に泊めてもらい(ソラクサンは携帯の圏外なのでまた立ち往生するともっとまずい)
気温の上がらないよう、早朝富士に自走で戻ってまいりました。

途中フランス人の若いカップルのヒッチハイカーを拾うというおまけつき
ほっとけばよかったんだけど、その辺を走っているドライバーが外国語を話せるとはとても思えなくて

分かれ道で二人を下ろして
いつも利用している修理工場に車を入れて、ようやく開放

悪いことは重なるもんだ
[PR]
by tabby_whiskey | 2010-07-10 11:03 | 田舎暮らし