ソラクサン通信 ブログ版

etude nos 12

f0114339_13115517.jpg

ドビュッシー「12の練習曲集」
出版社からショパンの「12の練習曲集」の校正を頼まれたドビュッシーがその魅力を「再発見」
同じ構成で作曲した。

ピアノ演奏の「練習」であると同時に作曲技法の「練習」となっている点もショパンのものと同じ
前半の6曲は和声の実験、後半の6曲はリズムも含めたピアノの表現方法の実験となっている。

ドビュッシー最晩年の曲の中の一つ

ドビュッシーの作曲技法の全てがここに凝縮されているという感じなので
好きな曲だったが、なかなかいい演奏のCDに巡り会えなかった。

ポリーニ: 精緻な建築を組み立てていくような彼の演奏スタイルは、「流体音楽」ドビュッシーには合わない

ベロフ: テクニックばかりをひけらかすような、浅い演奏。音楽を理解しようとする意思が感じられない。

内田光子: 上記二つよりはましだが、独りよがりの解釈が散見

ところが、youtubeで、今までの不満をほぼ解消するような、素晴らしい演奏が投稿されているのを発見

フランソワ・ジョエル・ティオリエ

聞いたことのないピアニストだったが、その優美な音楽

f0114339_13124279.jpg
ベランダのプランターで育てた紫蘇の葉を薬味に
f0114339_13122565.jpg
バジルもよく育った。今夜はジェノベーゼだ
[PR]
by tabby_whiskey | 2012-06-09 13:12 | POWERSHOT G10