人気ブログランキング |

ソラクサン通信 ブログ版

カテゴリ:SIGMA DP1X( 11 )

the wind winds up part 3

なぜパート3なのか。それは呆れたことにこの3連休毎日山に登ったからなのです。
この暴挙に出た理由は体重です。
今の会社に来てから10kgも太ってしまったため、毎朝1時間、週末は2時間のジョギングをして、なんとか5kg戻したものの、ちょっと油断して2kgリバウンドした、危機感のなせる技です。

ではパート1と2はあるのか。upする気力があるか不安なためとりあえず今日のパート3のみトライしてみます。

3日目の今日は1日目と同じ興津川上流から竜爪山へ、一昨日と同じコースです。
am11:05、やませみの湯近くのキャンプ場をスタート。
f0114339_188107.jpg

打ち捨てられた過去、その1
誰かが設営してそのまま放置さたテント。
f0114339_1811154.jpg

f0114339_18124447.jpg

f0114339_1818496.jpg
打ち捨てられた過去その2 赤いラジカセ
f0114339_817536.jpg
f0114339_817352.jpg

1時間半ほど登って昼食。自分で作りたいところですが、ダイエットが目的のためコンビニ食です。
自分で作るとついつい作りすぎてしまう。
f0114339_18275268.jpg

狂い咲きの桜と紅葉
f0114339_21523133.jpg

宮崎駿のアニメーション映画「風立ちぬ」のビデオを借りてみました。
今まで彼の作品はあまり好きになれなかったのですが、今回はじめていいなと思いました。
山道を登りながら、つらつら考えました。
f0114339_21523013.jpg

単なる絵に過ぎない登場人物たちによくまあここまで演技させていると思った。
(主人公の堀越二郎は人間らしい感情の欠落した人物として描かrているので、逆に演技をさせなく)

オタク評論家の岡田斗司夫は「歪んだ愛情の物語」と言っていましたが、むしろこれが基本形だと思う。
ひと組の男女が互いに惹かれあっていたとしても、そのそれぞれの理由は男と女では違っているに決まっている。


僕が考えたのはもっと別のことで、夏目漱石のことでした。


つづく
by tabby_whiskey | 2014-11-24 18:28 | SIGMA DP1X

by yourself

f0114339_23162069.jpg
f0114339_231638100.jpg
ここは君の場所

世界にたった一つの、自分らしさを保てるところです。
by tabby_whiskey | 2014-08-24 23:17 | SIGMA DP1X

going to a concert part2

すごいコンサートでした。

マーラーが好きだと言っている女性にあったことがないので、ある程度予想はしていましたが
観客の男性比率は95%を超えていたのではないでしょうか・・・

それについていくオケの実力もすごいのですが、すべての音をキチンと聴かせようとする説得力のある表現
以前のインバルのように安易にドラマチックな展開にするためにリズムを揺らしたりしません。

生で数回、CDではもう数え切れないほど聴いて来たこの曲ですが、まるで初めて聴くかのように引き込まれていきます。

聴衆も、本当に好きなんだということが伝わってくるぐらい、集中しています。90分近い大曲なのに、みんな身じろぎもせず咳もほとんどありません。

そして終楽章が「死に絶えるように」終わり、ほんの一瞬の静寂のあと、割れるような拍手とブラボーの嵐

20分以上続いたのではないでしょうか?

こんな異様なコンサートは初めてです。
f0114339_1751363.jpg
f0114339_1753587.jpg

by tabby_whiskey | 2014-03-22 17:04 | SIGMA DP1X

go upstream on Abe river

f0114339_735895.jpg
f0114339_7345641.jpg
先週火曜、全国で大雪だった週末のあと
静岡市外では全く降雪がなかったので、雪を探して安倍川をさかのぼり
南アルプスの奥まで分け入ってみました。
by tabby_whiskey | 2014-02-17 07:35 | SIGMA DP1X

end of winter part2

f0114339_243973.jpg
f0114339_245033.jpg
f0114339_25624.jpg

by tabby_whiskey | 2014-02-09 02:05 | SIGMA DP1X

end of winter

f0114339_23352582.jpg
f0114339_23353397.jpg
f0114339_2336112.jpg
遠州一宮  小國神社での節分会です。
by tabby_whiskey | 2014-02-05 23:36 | SIGMA DP1X

staying at kobe and kyoto on year end part 2

f0114339_1215348.jpg
f0114339_1216198.jpg
f0114339_12162188.jpg
f0114339_12165917.jpg

転職して休暇が取れなくなってしまいましたが、もし公正な生き方というものがあるとしたら、それを実現するためには無理をしてでも生活の中に旅行に行く機会を確保しなければならないことを実感しました。
by tabby_whiskey | 2014-01-04 12:22 | SIGMA DP1X

staying at kobe and kyoto on year end

f0114339_1319451.jpg
f0114339_13213546.jpg
f0114339_13203248.jpg
f0114339_13221337.jpg
今回は家族旅行のため、撮影は二の次。

枚数も稼げず、駄作を量産してしまいました。
by tabby_whiskey | 2014-01-03 13:21 | SIGMA DP1X

prepare for traveling

f0114339_9512751.jpg
dp1xその画質はひとまず置いたとしても
raw現像して、ネットに掲載するまでの作業がかなり煩雑なのです。

powershotの場合、USBをつなぐと自動的にパソコンへの取り込みが始まり、
撮った日にちごとにフォルダが生成されます。

さらに、同じアプリでraw現像、ある程度の画質の調整、サイズの変更まで出来てしまうため
最低限度の作業でブログ掲載まで持って行けたのでした。

一方sigmaの付属ソフトphotoproはほぼraw現像しかできません。

パソコンへの取り込みも手動で、画質とサイズの調整はフォトショでとなるので
かなり面倒で、確実にブログの更新意欲は萎えます。

しかも、1年ほど前から、ネットはタブレットでみているので、パソコンを起動している
時間が確実に減っているのですね。


アマゾンで予約しておいた坂本龍一のライブアルバム"playing the orchestra 2013"が届きました。

ピアノ曲のオーケストラアレンジは、本当に高いレベルに達していて、聞き馴染んだはずの音楽を
新鮮な気持ちで聴くことができました。

ピアノ曲を管弦楽曲に作り直す時って、ただ旋律を担当する音域の楽器に移せばいいと考えがちですが、そんな単純なものではないんです。

楽器の特性の違いから、ピアノの表現できるものとオケの表現できるものはかなり違っているのですね。
だから、極端な話、メロディーも含めて一から作り直さなければならない場合もある。

ピアノ曲の管弦楽曲版といえばラヴェルですが、たとえば「亡き王女のためのパヴァーヌ」のそれぞれを聴き比べれば違いがよくわかります。

原曲の本質を、どのような手法でもって再現するかが問われるのです。
坂本はクラシックの正統的なオーケストレーションのみならず、時にはカルロス・ジョビンやジャズ、イージーリスニングなどの手法を取り入れてこれに挑んでいます。




残念なのは、ライブ録音ということもありますが、オケのレベルが低かったこと
特にソリストの技能の低さが気になる場面が何箇所かありました。

聞き過すことのできる程度だったら良かったのですが
by tabby_whiskey | 2013-12-15 09:51 | SIGMA DP1X

DP1X coming part 2

f0114339_10434174.jpg

power shot g10のときは撮って出しでブログに載せていたのですが
dp1xの場合はやはり、いろいろ調整が必要なようです。

アンシャープマスクは使ったほうがいいみたいだな
by tabby_whiskey | 2013-11-24 10:46 | SIGMA DP1X