ソラクサン通信 ブログ版

<   2007年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

OLYMPUS OM-2n Part2

f0114339_14523422.jpg



それにしても、このOMのボディの凝り様ときたら・・・
人と同じことは絶対に許さない、そんな意思を感じる。

普通ボディ右側にあるレンズ取り外しボタンは、レンズ側、しかも左に
レンズ付け根にあるはずの絞りダイヤルはレンズ先端、そしてその付け根には、普通軍艦部についているシャッターダイヤルが
シャッターボタンの隣にあるのはシャッターダイヤルではなく、なんと露出補正ダイヤル。

なんという天邪鬼ぶり、誰かさんと同じで社会適応性ゼロだな



さて、肝心の写りは

OLYMPUSの純正レンズ「瑞光」シリーズの評判はといえば
「渋い発色に、繊細で叙情的な描写」という、
「クッキリ・ハッキリ」のPENTAX「SMC」とは正反対な性格

確かに、この作例を見てもわかるとおり、し、渋すぎる
色のりがほとんどないじゃないか
[PR]
by tabby_whiskey | 2007-02-25 15:05 | 物欲カプセル

OLYMPUS OM-2n

f0114339_1210358.jpg
街角でスナップ写真を撮るのにもダイブ慣れてきました。
最初のうちは、街をいく人々の
「何やってんだろう、このシト。怪しい・・・」
という視線が心に突き刺さりましたが(笑)、それも気にならなくなりました。

ただ、まだまだ修行が足りなくて、じっくり構図を決めて、場合によってはレンズを選んでというところまでは達していませんが



f0114339_11431828.jpg
さて、今回タビの手元にやってきたのはOLYMPUS OM-2nです。
今までおもに使ってきたのはPENTAX MEsuperです。PENTAXユーザーなら誰しもわかると思いますが、OLYMPUSというのは常に気になる存在なのですね。それは両社のカメラに対する考え方の違いによるところが大きいと思います。PENTAXの非常に割り切った合理的な設計に対し、OLYMPUSの細部までこだわったとても緻密な設計。

たとえばボディカバー。PENTAXはさっさとプラスチックを採用してしまいましたが、OLYMPUSは最後まで金属製にこだわりました。OM-2nのそれはなんと真鍮製です。
測光方式もPENTAXがシンプルな中央部重点なら、OLYMPUSは凝ったダイレクト方式。

今まで気になっていたものの、ずっと手を出さなかったのは、もしOLYMPUSを手に入れてしまったら、そちらばかり使ってしまって、PENTAXは箪笥の肥やしになってしまうのではないか、そんな心配があったからです。しかしそれは杞憂でした。
使ってみて確かにOLYMPUSはいいカメラでした。その緻密なつくり、繊細な感触。

でもPENTAXだってけっして悪くない。
[PR]
by tabby_whiskey | 2007-02-24 12:19 | 物欲カプセル

WID series 2-2

f0114339_7552090.jpg
f0114339_7541417.jpg
f0114339_7534871.jpg

[PR]
by tabby_whiskey | 2007-02-24 07:55

WID series 2

f0114339_20502535.jpg
f0114339_20512117.jpg
f0114339_20514780.jpg


今回は駄作ばかりかなあ

またしても持病が再発して、1台カメラを購入してしまったタビ
その顛末はまた書くが

どうやら、あまり好みの描写ではなかったようだ
[PR]
by tabby_whiskey | 2007-02-23 20:55

cutting propagation 2



f0114339_1295856.jpg


とっておいたブルーベリーの枝を挿し木してみる

それにしてもこの大雑把な仕事
絶対園芸には向いていないんだわぁ
[PR]
by tabby_whiskey | 2007-02-18 12:11

speak like a child

f0114339_9432647.jpg


朝から冷たい雨

延々と自己と非自己の判定を続けるだけ
純粋な演算機械

21世紀に入ってからは、コンピューターと人間の脳の相違ばかりが強調されてきたが、
もう一度のその親和性についても吟味したほうが良いのではないか
[PR]
by tabby_whiskey | 2007-02-18 09:47

moving on

f0114339_9495318.jpg



昨年の最初のソラクサン行は3月10日、今年は暖冬だから3月初めでも大丈夫そうだ
きっとフクジュソウがたくさん咲いているだろう
[PR]
by tabby_whiskey | 2007-02-10 10:00 | 田舎暮らし

walker in the dusk Part3

f0114339_18595122.jpg
f0114339_1901511.jpg


グスタフ・マーラー作曲 交響曲第7番「夜の歌」

「ひび割れたロマンティシズム」とはよく言ったもので、改めて聴きなおしても本当に異様な音楽だな
音の響き、音色を最大限生かすために選ばれた和声、リズム
「人間の悲鳴」だけを集めて音楽を作ったらこうなる、そんな感じだ
低音域でワァーっと反復する音階を奏でていて、そのうえに半音階の主旋律を乗せると無調の響きが混じる。それが人の悲鳴のように聞こえるのだ
[PR]
by tabby_whiskey | 2007-02-06 19:00

walker in the dusk Part2

f0114339_10291874.jpg



カメラ片手に暗がりの中を歩きまわる、変な人だ
[PR]
by tabby_whiskey | 2007-02-04 10:32

walker in the dusk Part1

f0114339_203869.jpg

f0114339_20394149.jpg
f0114339_20453060.jpg
f0114339_20454949.jpg


夕暮れの街を彷徨
こんなことをしらふでやってしまうワタクシ
[PR]
by tabby_whiskey | 2007-02-03 20:47