ソラクサン通信 ブログ版

<   2007年 09月 ( 22 )   > この月の画像一覧

moon cake

25日は中秋の名月だったんだな
月餅食い忘れた
f0114339_2110383.jpg

[PR]
by tabby_whiskey | 2007-09-28 20:41 | 物欲カプセル

see you soon!

とりあえず最後のソラクサン行
今後しばらくは、以前と同じ月一程度の訪問になる

まあこれで週一回ノア吉に会えるようになるので、よしとしよう
[PR]
by tabby_whiskey | 2007-09-26 16:23 | 田舎暮らし

after clearning up room

これからのための備忘録

ソラクサンの山小屋のこと
借りている古民家
田舎に暮らすことでできること (ちょっとお預けになってしまったけど)
10月から始まる新しい仕事
英語の実力がつくことによって可能になること
日々の生活の中で考えておかなくてはいけないこと・・・



思考が断片化してしまって、まとまりがつかなくなっている。

部屋を片付けたあと、ちょっとだけ考えよう
[PR]
by tabby_whiskey | 2007-09-24 11:32 | 田舎暮らし

watching Sumo wrestling on TV

下宿の手配のついでに、吉原の町を車で一回りしてみました。
吉原本町の商店街は典型的な「シャッター商店街」で日曜の3時だというのに人通りもまばら
企業城下町なので、歩道などのインフラはきれいに整備されていて、ちょっと不思議な空間でした。
唯一目に付いたのは韓国料理店や食料品店で、小さなコリアンタウンという感じなのでしょうか?



さて、最近相撲中継を副音声の英語で楽しんでいます。
日によってアナウンサーや解説者が変わるのですが、おそらくアメリカ人と思われる二人組みが担当のときは本当にすばらしい。(英語の流暢な日本人の担当の時は今ひとつです)
本当にきれいな米語なのに、ひとつひとつの技に対する知識が信じられないほど豊富なのです。おまけに決まり手の名前を日本語で言ったあと、それを英語で言いなおしてくれる。かといって、早口でしゃべるというわけではなく、「流れるような」という表現が一番適当と思われるような流暢な米語です。

一般に英語の口語は書き言葉に比べて文章の中の熟語の割合が増えます。いっぽう相撲や野球のようなスポーツ中継も、動きを表現しなければならないというその性質上、熟語の割合が多いのです。

だから、スポーツ中継を英語で見ることは、口語を使う練習にもなる(笑)
[PR]
by tabby_whiskey | 2007-09-23 17:56 | 英語

got a job

昨日面接を受け、その日のうちに就職が決まりました。失職してから約ひと月
問題は勤務先が静岡県富士市であること、つまり、8月から住み始めた高遠町の古民家からの通勤は不可能なのです。

この1ヶ月間、なんとか高遠町周辺で英語を使った仕事ができないか模索してきました。理想としてはフリーランスの翻訳者として自宅で働くことですが、残念ながらまだその実力はないようです。企業内で英文事務をしながら翻訳を学び、いずれ独立する。この線で行くしかないと思う。

ところが、ここ長野県南部で英文事務の求人は予想以上に少なかったのです。いろいろ手を尽くした結果わかったのは、英語の求人があるのは諏訪に本拠地をおく、某巨大電子機器メーカーとその関連企業のみ。もちろんいくつか応募しましたが玉砕、席が埋まってしまったので当分募集はないとのことでした。

高遠の古民家はそれほど家賃が高いわけではないので、とりあえずそのまま確保、引き続き移住の可能性を探りますが、タビの第一次高遠移住計画はひと月にして頓挫したのでした。

仕事の開始は10月1日から、最果ての旅ブランBもしばらくお預け。とほほ
[PR]
by tabby_whiskey | 2007-09-22 10:39 | 田舎暮らし

quite in a polite way to get acqueinted

明日は富士吉原、そしてさらに今週中に新橋へ
あの世この世と馬車を駆り
感慨にふけっている暇はなさそうだ


La Plata の流れに身をまかせ歌う マテ茶を含めば
La Tierra del Fuego 短い春が地の果てに薫る
窓の外に立ち止まる亡霊 止むことのない風の叫び
死者に繋がれ生きるのなら 土塊となりここで眠ろう
(大貫妙子詞 TANGO 一部)


「地の果て」で思い出しました。
前に書いた「最果ての地・架空ツアー」の中のBプラン
バンクーバー島西海岸をめぐる旅ですが、調べてみると思いのほか低予算で実現が可能のようです。

10月中旬に10日間程度のツアーを設定すると、成田からの往復チケットが5万円弱、
7日間はバンクーバーダウンタウンに滞在するとして、
このホステルを使えば個室でもウイークリーの宿泊費は約2万
その後BCフェリーでバンクーバー島に渡り、西岸の小さな港町、ユークルーレットのYHに2泊
島内の移動はレンタカー
低予算で希望通りの旅行ができそうだな

ダウンタウンのホステルは、実は10年前に通っていた語学学校のはす向かいにあります。
建物の1階はアイリッシュパブになっていて、Fish'n Chips や巨大なハンバーガー、Guiness Beerなど、タビの好物ばかりと理想的。もしそれに飽きてもダウンタウン内には手ごろな値段のすし屋がたくさんある。対岸の北バンクーバーで、新鮮な魚介類を楽しんでもいい。

ちょっと話が膨らみそうなので続く
f0114339_11394632.jpg

[PR]
by tabby_whiskey | 2007-09-18 11:18 | 旅行

boring?

世間は休日、リクルートもできず終日たれこめて、英語しかやることないんじゃけね
何か、面白い話題を提供できればよいのだけれど。

先日くどくどと説明した音読についてですが、
やはり効果があるようです。インドネシア人の青年とチャットしたのですが、かなり会話が楽になったと感じました。 自分が言いたいことをうまく表現できないという場面が減ったように思います。


で、ふと思ったのです。

同じ英文を何度も音読して、暗唱できるところまで持っていく、これがこの前の趣旨です。
もちろん、そのとき暗唱できても、これは短期記憶に過ぎないので10分もすればすっかり忘れてしまう。
でもそれは別に問題ないわけで、話すときに、文を組み立てる上で必要な文のプロトタイプが無意識下に蓄積されていけばいいのです。たとえば適切な前置詞とか、言葉を説明する分詞や節の順番とか・・・

でも、ここまで来たら、それを長期記憶にするのもそんなに手間がかかることじゃないんですよね。
ご存知のとおり、長期記憶を作るのは反復なので、次の日に前日暗唱した文をもう一度思い出してみればいいのです。

問題なのは効率なんですよ。わざわざ長期記憶を作るか、それともどんどん新しい文章に挑戦するか?

That's the problem.
[PR]
by tabby_whiskey | 2007-09-17 17:40 | 英語

Posada never tagged him

テレビをつけると、ビッグイニングが映し出された。
ヤンキースとレッドソックスの首位攻防戦。6回レッドソックスの攻撃


クリスプとペドロイヤの盗塁や、ヒンスキーとエルスバリーの怒涛のホームランニング
ヒンスキーの得点は捕手ポサーダの体を張ったブロックに阻まれたものの、その次の、ホームに突っ込んだエルスバリーはセーフ。ポサーダは捕球が精一杯でエルスバリーにタッチできなかった。

そこでアナウンサーの上記の絶叫となる。
日本語で「タッチできなかった」は"never tagged "なのですね



メジャーリーグ中継は英語学習者にとってはかなりの難問です。
アナウンサーと解説者によるマシンガントーク。ここで聞き取りができれば
あなたのヒアリングは完璧です。

タビの場合、単語や文の構造のレベルでは8割方把握できるようになりました。
でも、それが具体的にどのような状況を意味するのかまではなかなかたどり着けません。
今後、単語や文の把握が映像に結びつくような訓練をしなければならないでしょう。
[PR]
by tabby_whiskey | 2007-09-16 10:36 | 英語

blanket bombings

おみまいするぞー!

自称旅行番組「水曜どうでしょう」の中で、大泉洋が発する数々の名ゼリフの中のひとつ
みずから調理したまずい料理を他の出演者たちに強要する際に使われる。
ちなみに前菜は番組内では「先制攻撃」と呼ばれていた。


さて、今回タビは文字通りおみまいされたのである。
噂のバクダンを・・・

「本の家」の店主大塚さんと、この日お手伝いに来ていた有志の方一人と
伊那の「みや川食堂」で会食する。

「タビさん、ここはぜひバクダン定食を・・・」
にっこり笑う大塚さんの目が怖い

「本の家」ブログに確かそんな話題があったっけなあ
確かでっかい唐揚げかなんかだったよな、まあいいや



想像を超えておりました。目の前に出されたのは直径10センチぐらいありそうな巨大な肉の塊(鳥の唐揚げ)が五個、山盛りのナポリタンに、これまた山盛りのキャベツの千切り、てんこ盛りのご飯、そして味噌汁。

まさに唐揚げのじゅうたん爆撃やー




完敗です。もうしばらく肉はいいです。
[PR]
by tabby_whiskey | 2007-09-15 22:09 | ぼやき バカ

pliocene coast

f0114339_13514312.jpg
一昨日の晩、弟から携帯メールが届く
弟は浜松の企業に就職し、毎日残業残業の忙しい生活を送っているはずだ


「宮沢賢治を訪ねて岩手まで来た。明日はラスチジン協会へ行くぜ」


メールを受け取った兄の頭の中はクエスチョンマークで一杯になってしまいました。
浜松から花巻まで新幹線を使っても6時間近くかかるはずだ。
からかわれているんだろうか?

その後のやり取りで、3日の休暇をとって、好きな賢治ゆかりの地を訪ねるひとり旅に出たのだということが判明。ラスチジン協会、レストラン山猫館、プリオシン海岸のモデルとなった北上川などを見るという。やるじゃん。

でも兄は驚きました。

このところ、頭の中で支配的だった気分のせいもあるけど、
メールを受け取っても全然現実感がなくって、まるで常世から来たメールのようで

そのあと心配になって、実家に電話して弟が本当に旅行に行ってるかどうか、わざわざ確かめたほどだ。

弟よ、後生だから旅先から何の前触れもなくメールを送ってくるのはやめてね
[PR]
by tabby_whiskey | 2007-09-14 13:52 | 旅行