ソラクサン通信 ブログ版

<   2007年 11月 ( 20 )   > この月の画像一覧

too much for granted

注文していたローテーブルと、4ダースのノンアルコールビールが届く

何も生産的なことができない以上、せめて禁酒でもしよう。3年ぐらいは酒を飲むのをやめてみよう。そう思ったのはちょうど3年前の12月。

実はここ数日、禁を破りそうになったことが何度かあったのだ。
でも、ノンアルコールビールが来た以上、ひと安心。

チェット・ベイカーを聴きながら
一杯やらせてもらう

f0114339_20273343.jpg

[PR]
by tabby_whiskey | 2007-11-29 20:28 | 物欲カプセル

the journey has just begun

「旅はまだ始まったばかり」

そんなタイトルだったか
15年ぐらい前、ラジオ深夜便で朗読を聴いた。
ある女性のエッセイで、早期退職をして縁もゆかりもないある田舎へ引っ越し、そこで老いた母の看護をする。
母の死を看取った後、意を決して南米のどこかの国へ移住する。確かそんな内容だったと思うがよく覚えていない。

印象に残っているのはその静かな語りと、初老を迎えてもまだ新しい旅を始める女性の意志の強さだけだ。


「旅はまだ始まったばかり」

自分にも、静かに、でも力強くそう言い切ることができるだろうか

f0114339_22301526.jpg

[PR]
by tabby_whiskey | 2007-11-26 22:30 | 旅行

life on the street

ブログデザイン変えました
f0114339_15331285.jpg

[PR]
by tabby_whiskey | 2007-11-24 15:33 | スナップ

hub port

独白はさっさと下げちまおう


研修で清水港の港湾設備を見学してきた。
巨人の国 そんな言葉がぴったりの何もかもが巨大な世界だった

輸出だけを見れば日本第2位の物流量
40フィート(12メートル)のコンテナが常時1万本近く積まれたコンテナヤードが二つ
ベテランの操縦士になると時間当たり三十本のコンテナ(一本約20トン)を船に積みいれるという、高さ100メートルのクレーン。それが林立しているのだ。
その足元を走り回る30tトラックがおもちゃに見えた


柄谷行人がまじめくさって、「資本主義の本質は遠隔地貿易にある」と看破しているのを持ち出すまでもなく、経済活動の大半を占めているのは実は物流だ。

商品を右から左へと流すだけの
その威容を誇る外観とは裏腹の、空疎な世界

f0114339_19541158.jpg

[PR]
by tabby_whiskey | 2007-11-22 19:54 | スナップ

I have a dream that ...

「鉄郎、999に乗りなさい」

「地球か・・・ 何もかもが懐かしい」

錯乱しとる





なにやら職場にきな臭いにおいが立ち込めてきた。

前の仕事では不可能なことをやれといわれてきた。15分おきに女の上司から電話がかかってきて罵声を浴びせられる。深夜まで休日なしで働く日々、、、
それに比べれば今回の仕事は天国だと思っていた。そうしたら今度の人事でぐっと責任が重くなるらしい。

同じ派遣社員なのに男であるというだけで、周りの女性と違う待遇を受けるのは差別ではないだろうか?

とはいえ、心配したってしかたがない。なるようにしかならないさ
実際のところ、最近かなり生活を楽しんでいるのだ。



ついこのあいだまでは生活を楽しむなんてとんでもない、そう思っていた。亡き恩師との約束を果たすためすべてを犠牲にする。英語の勉強に没頭していたのもそのためだ。

約束は自分が死ぬまでに果たせばいいのだ。または、果たさなくっても別にかまわない、そう自分に言い聞かせてはきたものの、実際にはあせるばかりだった。



でもここ最近、あの人の顔が少し遠景になってきたのだ
ほんのちょっぴりだけどね

f0114339_19273538.jpg

[PR]
by tabby_whiskey | 2007-11-21 19:28 | ぼやき バカ

camera camera

若い同僚の一人が写真にはまってしまったらしい。
ここ一年で機材に100万円近くつぎ込んでいるといっていた。
風景写真を撮っているのだが、事務所の片隅に自分の写真の、小さな展示コーナーまで作ってあっていじましい。

その彼が、ばけペンを買ったという。ばけペンとは

化け物ペンタックス、あるいはお化けペンタックスの略で
普通の35mmフィルムの12倍の面積を持つ中版を使う、巨大なカメラのことだ。

別に勧めたわけじゃないよ、ただカメラについて嬉しそうに話すのを黙って聴いていただけで

タビが今までに買った機材を全部足しても、ばけペン一台分に満たないことは内緒だ
f0114339_21153926.jpg

[PR]
by tabby_whiskey | 2007-11-20 21:12 | スナップ

manufacturing quarter

アパート敷地内の駐車場にいつも黒のロードスターが止まっていたのだが、2週間ほど前から姿を見なくなった。
今朝ふとアパートの集中ポストを見ると、タビの部屋の真上に当たる部屋のポストが投函不要にになっている。

2週間ほど前から空家だったはずなのに、昨夜まで上から毎晩のように聞こえてきた足音や人の話し声は何なのだ???




昨日は朝から海を見に行った。今年初めての冬型の気圧配置のせいで大荒れに荒れていて人っ子一人居ない。慰めに数枚シャッターを切ったが、画になるはずもない。
工場ばかりで、タビが海に期待する叙情がまったくなかった。

生家に近い沼津の海はここから車で30分ほど行ったところだが、こうも違うものなのか。
鄙びた漁村もあれば、旧御用邸の周囲にしゃれたレストランが並んでいいる地区もある。
そんな沼津の海岸の風景が懐かしい。

いっそのこと、工場地帯を撮ってみようかと思い立った
f0114339_19104679.jpg

f0114339_20361526.jpg

[PR]
by tabby_whiskey | 2007-11-19 19:13 | スナップ

hear the wind sing

風の歌を聴け
f0114339_9513064.jpg
f0114339_9514670.jpg
f0114339_9545729.jpg

[PR]
by tabby_whiskey | 2007-11-18 14:16 | スナップ

a bit of scene

週末恒例、ノア様のご機嫌伺いを終えてアパートに戻ってきた。
毎日居るヒトから週末だけのヒトへという、環境の変化にようやく慣れてきたご様子。


途中、夜のバイパスを走行中に何かの事件現場に遭遇する。
葦原の中に巨大な投光機が設置され、20台ほどのパトカーが赤い回転灯をまわしている。
殺人だろうか?

2日ぶりに下宿のある工場地帯に戻ってきていつものように町全体を覆っている、製紙工場が紙を漂白する際に吐き出す異臭に再会して

なんとなく安心している自分を発見した。
f0114339_18232576.jpg

[PR]
by tabby_whiskey | 2007-11-17 20:39 | スナップ

MILLEFIORI

f0114339_20555837.jpg


ミルフィオーリ 千の花

夫人の了承を得て、故トム・ジョビンの自宅でレコーディングされた坂本龍一+モレンバウム夫妻のアルバム「CASA」
その製作過程を収録したビデオにはスタジオとして使われたリビングの様子が映し出されている。中音域の2オクターブぐらいの白鍵が弾きこまれて真っ黒になった、ジョビン愛用のピアノ。本箱に並んだ博物学関係の蔵書。

部屋の隅には、ジョビンの宝物を集めたコーナーがあった
アンモナイトの化石や、海岸の漂着物がきれいに並んでいる。
中でも目を引いたのは、今まで見たこともないようなガラスの置物
ペーパーウエイトだろうか?直径5~6センチぐらいの半円のガラスの中に細かい無数の花が閉じ込められている。
あれは何なのだろう。ずっと気になっていた。

今回その正体が判明した。
ベネチアで作られる有名な置物なのだそうだ。
[PR]
by tabby_whiskey | 2007-11-14 20:56 | 物欲カプセル