ソラクサン通信 ブログ版

<   2008年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

going to another world

f0114339_21273466.jpg
明日から久々のソラクサン行だわ
[PR]
by tabby_whiskey | 2008-10-31 21:27 | 田舎暮らし

camera bag issue

f0114339_0272464.jpg

これいいなぁ。
出張手当も出たし。困ったなぁ

カメラバッグ問題は深刻
[PR]
by tabby_whiskey | 2008-10-27 00:28 | 物欲カプセル

stay up late

f0114339_7485960.jpg
こんなエピソードがあったのを忘れていた。

現地到着のその日ホテルのチェックインをすませて自室に入り、ドアを開けっ放しにして部屋のなかの様子をチェックしていると・・・

ドアの外の廊下を白無垢のウエディングドレスを着た女性がひとり通り過ぎていった
急いで廊下に出ると、ぱっくり開いたドレスの美しい背中が遠ざかっていく
夜の11時過ぎなのに


飛行機の窓側に座りえんえんと月の光を浴び続けたせいで、何か幻想の世界へでも引きずり込まれたのだろうか?



とはいえ、あとでわかったことだがこちらの人々の週末の夜は遅い。
日曜の晩街の中心部へ出かけていくと、教会の前の広場では、8時ごろはほとんど人がいないくせに、そのあとぞろぞろ人が集まってきて10ごろになるともうまったく混雑して渋谷のような状態になってしまう。

11時ごろには教会の説教も絶好調
建物の内部は立錐の余地もないほどだ。子供たちもまだたくさんいる。
次の日が仕事だったので残念ながら、これ以上は観察できなかったが
この騒ぎ、いったい何時まで続くのだろう
[PR]
by tabby_whiskey | 2008-10-25 23:30 | 旅行

soraksan

f0114339_1102393.jpg

動画見つけました。うまく再生できるといいのですが

[PR]
by tabby_whiskey | 2008-10-22 10:51 | 田舎暮らし

Gran Hotel Hacienda De La Noria Part 2

f0114339_7524821.jpg

すっかり、消沈してしまったわけだが
サービスも決してよいものとはいえなかった。

5日間の滞在中、ある日は依頼した時間より1時間早くモーニングコールが鳴り、
最終日は帰国便が早朝で4時半のコールを頼んだのだが、結局電話がなることはなかった。
備品も壊れているものが多く、フロントに苦情を行っても反応は薄かった。

同行者には「ここはメキシコなんだから、そういうものだよ」と言われたが



それでも、救われたのは食事がよかったことだ
ビュッフェ・スタイルの朝食はどの皿もすばらしく、ついつい食べ過ぎてしまう。
たぶんメキシコの家庭料理なのだろう。バラエティーに富んで、豪華ではないがそれぞれ丁寧に調理されている。シンプルな味付けなのが好ましい。
メニューも毎朝変わった。

レンズ豆を似てペースト状にしたもの
牛肉のパイの包み焼き
鶏肉と野菜の煮物
シシカバブのような串焼き
サルサソースのサンドイッチ
そしてもちろんタコスやブリトーも

滞在中、昼は現地の社員食堂、晩は外食だったが、実はこのホテルの朝食が一番印象がよかった。
[PR]
by tabby_whiskey | 2008-10-22 08:17 | 旅行

Gran Hotel Hacienda De La Noria

f0114339_16344.jpg

ホテルと職場の往復に終始した。残念ながらこれが本当のところです。
宿泊したホテルは5つ星、快適な滞在になると期待していたのですが、そこはやはりメキシカン・スタンダードでした。

到着は夜の10時過ぎになった。

クラークは英語が出来る。なかなかいい感じ。
建物も石造りの大変趣のあるもので、中庭、外庭もとてもきれいに手入れがされていた。
大きなプールもある。
ポーターについていく。廊下は壁面がレンガ色に塗られていて、サンタフェ・スタイルを思わせる。
いやがおうにも期待は高まる。

が、部屋に入ると、ナンダコレハ?
異なる様式のごちゃ混ぜ。コーディネートという概念がないのか?
人造大理石の安っぽい床に、子供が粘土細工でローマ風に作ったとしか思えない、稚拙な円柱。シェーカースタイルやロココ、イタリアン・モダンの家具、意味不明なデザインのソファ
まっ黄色のベッドカバー。素人が描いた大きな油絵。

これは拷問だ
[PR]
by tabby_whiskey | 2008-10-22 01:22 | 旅行

hot water

f0114339_1562257.jpg
街の名はAguascalientes
メキシコ中央部の、標高1800mほどの高原に位置する地方都市。人口は100万
歴史は古いらしいが、日本車の現地工場が出来てから発展したことに違いはない。

町並みはどこへ行ってもみすぼらしいが、建物の内部に入ると写真のような別世界となる。
これはダウンタウンにある博物館。古代の象の化石なんかがごろごろ展示してあった。
周りの建物も同じようなつくりで、中庭がオープンカフェになっていたりする。
昼食をとる。もっちりとしたパンに牛肉の挟まったサンドイッチだった。
もちろんサルサをかけて食べる。

帰りしなのアメリカ入国管理で管理官のおばちゃんに「Hot Waterから来たんだな」といわれて、意味がわからず困惑する。
AguascalientesはHot Water(熱湯)という意味なのだ。
本人は気の効いたジョークのつもりなんだろうが、いらんお世話だ。
[PR]
by tabby_whiskey | 2008-10-21 01:57 | 旅行

flight under the moon

f0114339_1672170.jpg
1週間のスケジュールを終えて、メキシコ出張から戻りました。

月下を飛行して、メキシコの名もない地方都市へ降下という
なんともロマンティックな展開

これが仕事じゃなければね。
いろいろと仕事がらみで不愉快なことも多かったけど
そのことは触れません。

おいしいメキシコ料理をたくさん食べて、マリアッチを聴いて
[PR]
by tabby_whiskey | 2008-10-19 16:08 | 旅行

I dreamed a dream that I wanted to never wake up from

f0114339_210182.jpg


やはりフラット・ベッドスキャナというのはだめなんだろうか?
ブローニーフィルムを最新のCanoScan 8800Fでスキャンしても
10年前に発売された、それも初心者用の35mm用フィルム・スキャナ、DimageScan IIIに解像度で劣る。

どうしたらいいんだ。



またノアの夢を見る。

ノアが帰ってきた
「今度こそずっと一緒に居てやるからな」と声をかけながら、ぐっと抱きしめていた 。

こんなことばかりいっているのは自分ながら女々しいと思ってはいるのだけれど
[PR]
by tabby_whiskey | 2008-10-07 21:09 | zenzanon 75mm f2.8

autumn has come

f0114339_21581436.jpg

[PR]
by tabby_whiskey | 2008-10-04 21:42 | zenzanon 75mm f2.8